現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

電子書籍

10件の商品がございます。
[電子書籍]リチャード・コシミズの新しい歴史教科書

[電子書籍]リチャード・コシミズの新しい歴史教科書

販売価格(税込): 2,149
「ヒットラー・スターリン・チャーチル・ルーズベルトはグルになってWW2を捏造した」「坂本龍馬は米欧麻薬武器商人の代理人に過ぎない」「日韓併合のおかげでオウム事件が起きた」「1944年の対日人工地震・津波攻撃」「加藤清正が毒殺されなければ日本の首都は大阪だった」
学校の歴史授業では決して学べない「真実の歴史」を本書で知ってください。真実は読者を惹きつけ魅了してやみません。
数量:
[電子書籍]12・16不正選挙

[電子書籍]12・16不正選挙

販売価格(税込): 1,814
12.16不正選挙
「不正選挙?そんな馬鹿な。」
その思い込みに裏社会はつけこんでくる。彼らにはどうしても大規模な不正選挙を日本で敢行せざるにはいられない理由があった。「日本人がそんなことをするはずがない」?その通りだ。この不正選挙を主導したのは、日本人ではない。では、一体誰がなんの目的で?今、米国は未曾有の経済的危機に瀕している。国家デフォルトを目前にして必死の延命策を講じている最中...
数量:
[電子書籍]世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言

[電子書籍]世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言

販売価格(税込): 2,074
米国は中国との大戦争を起こせない限り戦争経済による世界的ハイパーインフレを惹起できない。戦争による超インフレで借金を思い切り圧縮してしまわない限り、99兆ドル、7900兆円の借金を抱える米国は国家デフォルトを避けられない。だから、日中戦争を阻止することにより、米国は国家破綻し、ドルは基軸通貨の座を失う。当然、世界経済は大混乱に陥り、日本も国家デフォルトないしはそれに近い疲弊を被る。つまり、...
数量:
[電子書籍]3.11同時多発人工地震テロ

[電子書籍]3.11同時多発人工地震テロ

販売価格(税込): 2,074
3.11東日本大震災は、深海で核兵器を爆発させて引き起こした人工地震・津波テロ。 1.地震で、日本の原発で事故が発生したことにする。だが、実際には地震の前に原発の運転を止め、燃料棒も秘密裏に抜いておく。(地震前に安全管理契約をハザール仲間の企業に請け負わせ地震と同時に電源が切れるなどの細工を仕組んでおく。911方式。) 2.地震後、放射能漏れを偽装するために小型プルトニウム爆弾で建屋を破壊し...
数量:
[電子書籍]2012年アセンションはやって来ない

[電子書籍]2012年アセンションはやって来ない

販売価格(税込): 2,182
オウム事件、911自作自演テロ...追い詰められたウォール街の暗黒勢力の最後の謀略は、2012年末に敢行されんとしていた。だが、アセンションの名を借りた金融テロ、それに続く地球規模の純粋水爆テロを阻止したのは、極東の島国の名もなき市井の人々だったのだ。これらのネットに集う不特定多数の人たちこそが、世界権力の最期の大量破壊計画を自らの手で阻止したのだ。彼らが「人工アセンション」の実行を...
数量:
[電子書籍]小説911

[電子書籍]小説911

販売価格(税込): 2,117
2001年9月11日朝、ニューヨークの大手電機会社本社の56階に参集した紳士たちは、旅客機が「予定通り」WTCビルの中層階に突入し、しばらくしてビル3棟が小型純粋水爆によって倒壊するのを見届けた後、各自、自分の責任範囲を遂行するために散っていった。 巨額のデリバティブ損失を隠蔽するために。イラクの原油取引をユーロからドル・ベースに引き戻すために。イラクとカスピ海の石油資源を奪取するために。...
数量:
[電子書籍]続・世界の闇を語る父と子の会話集

[電子書籍]続・世界の闇を語る父と子の会話集

販売価格(税込): 2,052
本書は、2007年4月20日にリチャード・コシミズが刊行した「世界の闇を語る父と子の会話集」の続編です。ウェブページに2007年3月から11月まで書き足してきた、時事問題を解説した文書を書き直し、さらに未発表の新たな文書を追加したものです。「ウォール街の対日経済侵略」「国内政治の裏読み」「反日・半島カルトの闇」「911内部犯行をめぐるその後」「中国の脅威?」「北朝鮮の暗躍」のトピックに分けて...
数量:
[電子書籍]第三集・世界の闇を語る父と子の会話集

[電子書籍]第三集・世界の闇を語る父と子の会話集

販売価格(税込): 2,030
本書は、2007年4月と同12月にリチャード・コシミズが刊行した「世界の闇を語る父と子の会話集」シリーズの第三篇です。ウェブページに、2007年12月から2008年4月まで書き足してきた、時事問題を解説した文書をまとめ、さらに未発表の新たな文書を追加したものです。「911核戦争」、「永田町綺譚」、「希望の明日へ」の各トピックに分けて、評論しています。そして、その全てが、既存のメディアの見解とは..
数量:
[電子書籍]世界の闇を語る父と子の会話集

[電子書籍]世界の闇を語る父と子の会話集

販売価格(税込): 1,836
あなたは、疑問に思いませんか?このままでいいのですか?

●郵政ロックフェラー化で、虎の子の350兆円が米国に持ち去られてもいいのか?

●三角買収解禁で、日本の有力企業が次々と外資に敵対買収されるが、いいのか?

●残業代ゼロ合法化で、企業業績はUP。利益は大株主の外資が略奪。社員は悲惨。

●日本は為替介入名目で100兆円近くも米国債を買っているが誰もその事実を知...
数量:
[電子書籍]911自作自演テロとオウム事件の真相

[電子書籍]911自作自演テロとオウム事件の真相

販売価格(税込): 1,944
911より10年たった今も、911の真相は表側では語られることなく、911の黒幕の思惑通りすべての真実は闇に葬られたままです。また、オウム事件も北朝鮮や半島系のカルト宗教のかかわりが一切報道されず、一個人の「マインド・コントロール」の招いた事件だったことにされています。 ですが、これらの事件の本質は「国際的な大規模な謀略」だったのです。そして、911とオウム事件の本質にたどり着いた人たちには...
数量: